• お問い合わせ
  • 044-344-1222

音楽療法ってなんだろう

音楽のプロ♪音楽療法士に教えてもらいました

私が目指す企業

私が目指す企業イメージは「社員が活き活きと活動している会社」「この会社で働けてよかったといわれる会社」です。これは、「働く社員が満足していなければ、利用者様に喜ばれるサービスは提供できない」という考えから。「こうしたらもっと良くなるかも!」という現場からの声があればどんな小さなことでも反映させるのが私の役目だと考えています。

「誠実さ」が何より重要

どの職業にも共通することではあると思いますが、特に介護業界では「誠実さ」が必要不可欠だと考えています。介護サービスは「人と人との関わり合い」です。その中で自分の持つ誠実さを引き出し、利用者様との信頼関係を築き、いかにより良いサービスを提供できるかどうかが利用者様の満足度向上へのカギであることは間違いありません。

素晴らしい会社を共に創っていきましょう

「働くこと」は楽しいことばかりではありません。辛いことや苦しいこともあるでしょう。だからこそ、社員の皆さんには「向上心」と「当事者意識」を持ちつつ、キャリアや年齢に関わらず協力し合いながら働いていただきたいと考えています。 社員一丸となって素晴らしい会社を創っていきましょう!

置鮎 弘健

私も介護未経験でした

私は15年ほど前に事務員としてこちらに入社しました。入社から数年後、介護事業の立ち上げに携わることとなり、当社の核となる「音楽療法」を一から学ぶことに。昔、エレクトーンを習っていたので「音楽」の知識はあったのですが、「音楽療法」「介護」は右も左も分からない状態でした。実習を重ねて、音楽療法士の資格を取得すると共に、介護の勉強をし、介護福祉士や居宅介護支援専門相談員の資格を取得しました。そして、当社のデイサービスや居宅介護支援事業所の立ち上げにも携わりながら介護実務経験を積み、現在はリュエル・シャンテールの施設長として責任ある仕事を務めさせていただいています。

面接で重視するのは「人柄」

面接官として面接に入らせていただくことがあります。面接では介護のスキルや経験などではなく、お会いしたときの雰囲気や話し方、考え方など含めた「人柄」を重視した面接を行っています。
介護の実践的なスキルは、今は無くても、現場に入ることや研修を重ねることで、後から身に付けることができると考えています。だからこそ面接で重要視するのは「人柄」。「この人に自分の親の介護を安心して頼めるかどうか」を考えながら面接で皆様とお話させていただいています。

杉本 弘子

介護に必要なのはコミュニケーション能力

親切にしたつもりが利用者様にとっては「余計なお世話」だったという可能性もゼロではありません。だからこそ利用者様とコミュニケーションを上手くとりながら「何を求めているのか」をきちんと把握した上でサービスを提供する必要があります。
また、自分ひとりでは把握できない利用者様の情報もあるでしょう。
それらを補うためにもスタッフ同士、コミュニケーションを積極的にとり情報を得ながら、自らも発信する。それが利用者様の「安心」に直結する一番の近道なのではないか、と私は考えています。

重視するのは、介護スキル < 人間性

当社では、学校や前職で培ってきた介護スキルや知識の多さよりも「人間性」を重視した面接を行っています。
いくら素晴らしい介護のスキルを持った人であっても人生の大先輩に対し、ぞんざいな振る舞いをする人は、介護職に従事する資格があるとは思えません。これは、当社の介護スタッフ全員が持っている考えです。介護が初挑戦だとしても、経験者だとしても、「他人に対して敬意を持ち、尊敬の念を忘れないで接することが出来る人」は介護職に向いていると考えます。

峰田 大輔

※役職や勤務地はインタビュー時のものです。

  • インタビューページはこちら
  • インターンシップはこちら

PAGE TOP

株式会社シムラ
〒210-0851
川崎市川崎区浜町4丁目4番9号
TEL.044-344-1211
FAX.044-344-1365

株式会社ヒューマンテック
〒210-0851
川崎市川崎区浜町4丁目6番19号
TEL.044-344-1222
FAX.044-344-1365

株式会社ハートプラス
〒210-0851
川崎市川崎区浜町4丁目4番9号
TEL.044-344-1213
FAX.044-344-1365